Social

社会貢献活動への取り組み
Social Contribution

夢ふぉとは、思い出をカタチにするエキスパートとして、アルバムを通じた事業を展開する一方、世界中の子どもたちの笑顔のために学校建設やTABLE FOR TWOプログラムへの参加、教育支援など多くの社会貢献活動に取り組んでいます。

Project
1
TABLE FOR TWOプログラム

対象となる商品の購入やサービスの利用により20円の寄付金が開発途上国の子どもの学校給食になるという、
TABLE FOR TWOプログラムに参加しています。
20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額です。夢ふぉとでは、卒業・卒園アルバムを一冊ご注文いただくごとに、開発途上国の子ども達へ1食分の給食代金20円を寄付させていただきます。

現地レポート

エチオピア

干ばつの影響により給食が中止となった学校は少なくありません。とうもろこしと大豆をブレンドした食事と、週に何度かはオレンジなどの果物を給食として提供します。毎日の給食は子どもたちの健康を支える重要な役割を果たしています。

タンザニア

TABLE FOR TWOが支援している基本的な食材に加えてキャベツやトマト、さらにビクトリア湖でとれた小魚を、コミュニティーや保護者らが自発的に給食用の食材として提供する取り組みが始まっています。

ケニア

生徒の中には、家庭では満足な食事を食べられない子どももいます。学校で食べる給食は、彼らの健やかな成長を支え、学業に専念する環境を整えるために大きな役割を果たしています。

ルワンダ

国立公園の辺境にあるバンダ村で、2200人の子どもたちに給食を提供しています。給食がきっかけで学校に戻ってきた生徒も多いようです。数年ぶりに復学した生徒は、中退した学年のクラスに戻って熱心に勉強に取り組んでいるそうです。

Project
2
開発途上国の教育支援

カンボジアやバングラデシュでの教育支援の調査や学校建設を中心に取り組まれている公益財団法人スクール・エイド・ジャパン(SAJ)の活動に賛同し、学校建設のための寄付を続けてまいりました。学校・教育に関わる事業を展開するわたしたちの責任だと考えております。
寄付をしたら終わりではなく、実際に現地を訪問して子どもたちの様子を見学したり、将来的に必要なものは何かをリサーチするといったように、長期的な支援を視野に入れた活動を行っています。

これまでの実績

Project
3
ダルニー奨学金

「学校に行きたくても行くことができない」という東南アジアの中学生に奨学金を提供する1対1の国際里親制度を支援しています。

株式会社夢ふぉと|思い出で人の心の温度を1℃上げます。|大阪府